新型コロナウイルス感染者の発生について(穴山の里) 第1報

新型コロナウイルス感染者の発生について(第1報)

この度、社会福祉法人信和会 障害者支援施設 穴山の里におきまして、新型コロナウイルス感染者が集団発生いたしましたのでお知らせします。

 

経緯:

6月4日施設職員1名が体調不良で、診療所を受診してPCR検査を実施した結果、陽性であることが判明。同日の朝、利用者様3名が発熱などの体調不良により医療機関に受診予定だったため、その旨連絡しPCR検査を実施したところ陽性が判明しました。午後になり利用者様2名も発熱などの体調不良となり、医療機関にてPCR検査を実施した結果、陽性であることが判明しました。よって職員1名、利用者様5名の計6名が陽性と判明しました。なお、陽性となった5名の利用者様のうち3名は現在入院されております。2名の利用者様はその他利用者様とは別棟にて療養中です。職員1名は入院しております。さらに、利用者様全員と職員24名のPCR検査を実施したところ、利用者様24名と職員2名の感染が確認されました。

 

対応:

感染確認を受け直ちに山梨県及び保健所に発生状況を報告するとともに、保健所及び感染症専門医師並びに看護師の指導を受け、施設内のゾーニング、消毒、換気、有症者の隔離、防護服の着用、マスク着用及び手指消毒の徹底を行っております。

多くの感染者を発生させたことについては、利用者の皆様をはじめ、関係者の皆様には、ご心配とご迷惑をお掛けしています。感染予防に努め利用者様の安全安心を確保すべく努力してまいりましたが、結果的に多数の感染者を発生させたことを真摯に受け止め、深く反省し、より一層の感染予防対策の徹底に努めてまいります。

 

関係する皆様には心より深くお詫び申し上げます。

 

理事長 逸村 一徳